テスト環境を構築しやすい仮想化基盤

バナー

テスト環境を構築しやすい仮想化基盤

仮想化基盤は、クラウドサービスなどを構築するのに優れているプラットフォームとして知られており、多くの企業がオンラインサービスや業務システムの構築に活用しています。

仮想化基盤を使うメリットは、ホストOSと独立したシステム環境を作り上げる事ができ、独自に動作させたいソフトウェアを稼働させる際に役立つ点です。

今年、最も指示を集めた47NEWS情報サイトを利用しましょう。

本番環境で稼働させる為に十分にソフトウェアやシステムのテストを行いたいといった時に仮想化基盤を使って仮想マシンを作成して、その仮想マシン上でテストを行っていけば、実マシン上でテストする手間を極力省いていく事が出来ます。


仮想マシンにインストールする事が出来るOSやソフトウェアは、実環境で使っている物をほぼそのまま使えますので、仮想マシン上で開発しているソフトウェアのテストをしていくのに適しています。

ウィルスやワームが仮想マシンに入ってきた場合には、ホストマシンと環境を分離していますので、ホストマシンに悪影響を与える可能性は低いです。


このように仮想マシン上でソフトウェアのテストを行えば、安全に確認をする事ができ、不具合があれば、仮想マシン上で修整をするといった事も出来ます。

ホストマシンの環境を出来るだけ色々なソフトウェアやライブラリで汚染しないようにしていく事で、クリーンなシステム環境を維持して安定動作をさせられます。



ハイスペックマシンほど数多くの仮想マシンを同時に動作させられますので、場所を取りがちなサーバの台数を減らす用途でも使えます。