仮想化基盤で使い分ける技術

バナー

仮想化基盤で使い分ける技術

物理サーバ上に仮想的にマシンを生成して、複数のシステムを構築する事が出来る仮想化基盤は多くの企業で注目されており、活用をし始めている企業が存在します。


システムを仮想化しておく事によって、他のシステムに悪影響を与えずに運用やテストをするといった事が可能になります。

つまり、システムの不安定さを出来るだけ抑えられます。



仮想化基盤では、色々なOSを使う事が出来ますが、仮想マシンの実装方法は様々な方法が用意されています。

完全に仮想化してしまうエミュレーターは、ホストマシンとは全く異なるアーキテクチャーのプロセッサ向けのOSやソフトウェアを動作させる事が出来ます。

準仮想化は、エミュレーターとは違って、ホストマシンのハードウェアリソースを使えるように、ゲストOSに特殊なAPIを提供して隔離した環境を構築出来るようにしたものです。

完全な仮想化よりも速度面で優れているのが特徴です。



ネイティブ仮想化は、同じアーキテクチャーのハードウェア向けのOSをゲストOSとして隔離して独立したシステムとして稼働させる事が出来る仕組みです。

仮想化基盤を使う事によって、これらの仕組みを使って仮想マシンを作成出来ます。
動作させたいゲストOSの種類によって、仮想化基盤の技術を使い分ける事になりますので、どのようなシステムを構築して使いたいのかを考えておく必要があります。



仮想マシンはクラスターマシンを作る事も技術的に可能ですので、実環境で出来る大半の事を仮想マシンで行えます。