古いソフトウェアを仮想化基盤で活用する

バナー

古いソフトウェアを仮想化基盤で活用する

ソフトウェアやネットワーク技術などは常に新しい技術が登場しており、その度にバージョンアップが行われています。

ユーザーはOSやソフトウェアのアップグレードを行う事によって、新しい機能が使えるようになります。
しかし、必ずしも新しい機能が全てのユーザーにとって使いやすいものとは限りません。

時には古いバージョンのソフトウェアを使いたい時が出てきますので、仮想化基盤はそのようなケースにおいても重宝します。

仮想化基盤の導入によって、仮想マシンを作成して、そこに古いバージョンのOSをインストールすれば、ホストマシンに影響を与えずに使っていく事が出来ます。

仮想マシンは、完全にエミュレーション出来るタイプの方が色々なアーキテクチャーのソフトウェアが使えますので便利です。



特に64bitマシンで32bitOS向けのソフトウェアを使いたいといった時には仮想マシンに32bitOSをインストールして使いたいソフトウェアをインストールした方が確実に動作させられます。仮想化基盤は、サーバを一つのマシンに集約したい時に使うだけではなく、色々な場面で活用出来るのです。



仮想マシンの性能は、ホストマシンに依存しますので、仮想マシンの性能を向上させる一番の方法はホストマシンの性能を上げていく事です。

エキサイトニュースの最新情報を紹介します。

企業でも個人でも複数のマシンを用意するのはコスト面で高くつきますが、仮想化基盤を使う事によって安くシステム構築をしていく事が出来ます。