仮想化基盤を活用する事によるシステムの安定化

バナー

仮想化基盤を活用する事によるシステムの安定化

企業では、多くのシステムが同時に稼働しており、部署毎の業務で必要なデータ処理を常に行なっています。
データベースはサーバ上に構築されており、このデータベースを通してデータを登録してり、取り出してサーバプログラムで加工してクライアント端末に送信したりといった事が行えるようになっています。

新しいNutanixの新しい情報です。

しかし、時には処理を一つのサーバ上で環境を切り分けて運用したい時や状況が生まれます。そのような時に役立つ物が仮想化基盤という仕組みです。仮想化基盤では、一つの物理サーバに複数のサーバ環境を仮想的に生成する事が出来ます。
仮想化基盤ソフトウェアは、ホストマシンとハードウェア面で共有しており、これを隠蔽する事が出来ます。
ソフトウェア的にPCの機能をエミュレーションしますので、作成された仮想マシン上ではサーバOSを搭載して稼働させ、サーバ処理で使われるソフトウェアを活用出来ます。

それぞれの仮想マシンでサーバを構築する事によって、サービス毎に専門に処理をさせられます。

仮想化基盤は、業務システムの構築と相性が良く、コスト削減の手段として活用していけば、予算を他の業務などに回せます。

livedoorニュースサイト利用者からとても評判です。

システムの安定化を図る為にも、仮想化を行なってサーバの台数を減らしながら、運用をしていけば良いでしょう。


仮想マシン上のサーバOSは、実環境で動作させているOSと同様に使う事が出来ますので、OSに搭載されている機能を使ってシステムのテストをするといった事も行えます。